忘れてはいけない金利計算

通帳と電卓私達が消費者金融即日利用をする際に、意外に盲点になっているポイントがあります。
それは、金利の計算です。
 
消費者金融即日利用をするのであれば、基本的に金利は発生するものです。
いわゆる無利息期間などのサービス期間は例外だとしても、金利が発生することについては、いかなる場合でも無視できないのです。
 
また、この金利の計算を忘れてしまうと、後になって計算そのものがずれてしまうことにもなるので、やはり軽視できません。
では、金利の計算をする際は、どんな点を意識すれば良いでしょうか。
 
ここで大切になるのは、年利と月利の2つのパターンで計算を行っておくことです。
月利だけですと、いかにも安い金利で利用できるように感じます。
消費者金融の金利は、一般的に月利2%にもならないですし、1%台が普通です。
つまり、1ヶ月に10万円の利用をしたとすると、月利として約1,000円から2,000円発生するという計算になるのです。
この金利に関してどのように感じるかについては、個人差はありますが、多くの場合、そんなに高いとは感じないものです。
 
しかし、この金利も年間という単位で考えてみれば、かなりの金額が蓄積されることになります。
年利で言えば、12%から24%以内の値になるのですから、返済があまり長引いてしまうと、金利もそれだけかかるのです。
そのように考えると、消費者金融即日利用をする際は、金利について多角的に考える必要があるのです。

このページの先頭へ