消費者金融で即日融資を受けるには

紹介をする女性消費者金融系カードローンの即日融資というサービスは、非常に利便性が高いと言われています。

審査が早く、申し込んだ当日のうちに融資を受けることになりますから、お金が手元に届くまでに何日も待たないといけないということがありません。

消費者金融系のカードローンは、銀行カードローンに比べ審査や融資スピードが早く、今すぐキャッシングが必要だという方にはうれしいサービスになります。

消費者金融の即日融資を受けるために、一番いい申込み方法はWEBでのお申込みです。

WEBでのお申込みなら最短30分で審査が終わり、その後のお手続きもすべてPCやスマホを使ってできるので、即日借り入れの可能性がぐっと上がります。

審査においては、各金融機関が「この申込者は返済が滞りなくできる能力を持っているのか」という点について審査します。

返済能力があるというのは、収入が高くなければいけないというわけではなく、毎月一定の収入があるかどうかが大切です。

会社員のように収入が高くないからカードローンを利用できないのではないかと不安になっている方でも、派遣やアルバイトの給料があれば、利用することができるということです。

審査によって融資額が決まれば、本人確認書類を提出してご契約手続きをします。

本人確認書類は運転免許証や健康保険証のどちらかをカメラで撮り、メールやアプリなどで提出することができます。

ご契約が終われば即日振込によるお借入れが可能です。後日送付されるカードを使って、限度額の範囲内であれば何度でもキャッシングができます。

一度審査に通れば、今後急にお金が必要になったときでも即日借入できるのでありがたいですね。

また、即日振込してもらうためにはなるべく早く申し込む必要があります。銀行が取引を行える時間が決まっているからです。

だいたいの金融機関が14時ぐらいまでには申し込まなければなりません。

もしその時間を過ぎてしまった場合は、WEBでお申し込みをした後、夜まで開いている自動契約機でカードを発行すれば即日融資可能です。

少ない項目を入力するだけでお借入れ可能かすぐわかるスピード診断もできるので、まずはそちらで試してみてみるのもいいかもしれません。

即日振込にしても自動契約機でのカード発行にしても、消費者金融で即日融資をするためにはまずWEBで申し込みましょう。

消費者金融の審査基準とは

もしこのことを知らないで居ると、肝心の当日融資を利用できなくなってしまい、今すぐにでもお金が必要というのであれば、非常に困ってしまいますよね。

そこで、消費者金融系のカードローンの審査基準などについて見ていきましょう。

消費者金融では、利用者本人に収入があれば借り入れが可能なので、パートをしている主婦やアルバイトの学生でもお金を借りることができます。

基本的に収入証明や保証人の必要はなく、免許証などの身分証明だけで審査を受けることができます。

勤務先や収入に関しては、審査に受かりたいがために嘘をつくとすぐばれてしまい、逆に審査に通らない可能性が出てきますので、正直に申告しましょう。

また、誤字や脱字なども無いように申し込み前にしっかりとチェックをしておきましょう。

一度審査に落ちてしまうと、再度審査を受けるには時間が必要になってしまいます。

どういう点をクリアしておけば、審査に通る可能性が高くなるのかについて知っておくことで、申し込み前に対策を打つこともできるでしょう。

当日融資を希望される際はスピードが重要なので、申込受付時間内の早い段階で正確な情報を申告するよう心がけましょう。

消費者金融系のカードローンでお金を借りるときのポイント

ポイントTVCMでおなじみの消費者金融。
無利息サービスや即日融資など使いやすいサービスが魅力的なカードローンです。
今では審査の簡略化によって申し込みから最短1時間程度でお金を借りることができます。
そのため、突然お金が必要になって急ぎで借りたい!という方でも安心して利用することができるでしょう。

消費者金融の特長としては融資が早く、審査の通過率が高いという点です。
お金を借りるにあたって審査は避けては通れないポイントですが、アルバイトやパートでも借りやすい環境が整っています。
カードローンを契約する際に審査が不安という方は、銀行カードローンに比べ審査がゆるい消費者金融に申し込むのがよいかもしれませんね。

とはいえ、デメリットもあります。
消費者金融は貸金業法によって定められている総量規制の影響を受けるので、年収の1/3までしかお金を借りることができません。
そのため専業主婦や無職の方は利用することができませんし、パートやアルバイトなど所得が少ない方は借りられる金額が限られてしまいます。
すでにクレジットカードのキャッシング枠等を使っている方は利用枠が残っていないということもありえるので注意が必要です。

このようなポイントを総合的に判断して銀行カードローンか消費者金融かを選ぶのがよいでしょう。

消費者金融は金利が高めに設定されている分、無利息サービスや即日融資など他のサービスが充実しています。
銀行カードローンは審査が慎重に行われる反面、金利は低めに設定されているのでまとまったお金が借りたい方や安心して借りられる大手がいいという方におすすめのサービスです。

審査通過率は約20%程度。
消費者金融も今では法整備や金融庁の監視もあり、安心安全に借りられる環境が整っています。
しかしながら悪徳業者のなりすましが多い業界でもあるので、安心面で考えれば銀行の方がよいでしょう。

このように2つのサービスを見比べて、よい点と悪い点を踏まえながら自分に合ったカードローンを選んでくださいね。

このページの先頭へ